ブログカテゴリ:ブログ


2019/10/13
2019年9月26日仙台にて、新住協の全国総会&研修会が行われました。 とても有意義な研修会だったのですが、まずは印象的だった言葉より紹介します。 「住宅格差」 新住協の事務局長で理事の会沢さんの言葉です。
2019/09/09
YKK-AP主催の「MY断熱基準をつくろう」~建築夜会vol.14の講師で香川にこられていた南雄三さんとTSE&地域住宅工房の有志と一緒に、翌日の9/7に徳島県の上勝町に行ってきました。ゼロ・ウェイストの見学をするためです。
2019/09/01
2019/8/31かがわ木造塾の香川県の林業に関する「木を育て森林(やま)からまちへ」セミナーに参加しました。講師は香川県林業普及協会会長の東川正富さん。東川林業は明治の初めに植林事業を創業。昭和61年に家業を継ぎ、現在4代目とのことです。...
2019/05/19
2016年4月14日21時26分、熊本県熊本地方においてマグニチュード6.5の地震が発生し、熊本県益城町で震度7を観測しました。 また、16日1時25分にはマグニチュード7.3の地震が発生し、益城町及び西原村で震度7を、熊本県を中心にその他九州地方の各県でも強い揺れを観測しました。 これが本震でした。
2019/05/16
阪神・淡路大震災の教訓としては、大地震で被害を減らす一番効果的な方法は、現在想定されている大地震の揺れでも倒れない強い建物にする、ということでした。 復習ですが、死因の約80%が建物倒壊や家具による圧死で、地震発生後15分以内に約90%の方が命を落としました。 また、約90%の方が自宅で亡くなられました。...
2019/05/08
2018/03/24
高松市の現場で床断熱の工事が進んでいます。 今回のポイントは冬に冷たい思いをしないために ・断熱材を分厚くいれる(150mm) ・断熱材の入っていないところを少なくする(ヒートブリッジを極少に) ・もちろん気密の確保(気流止めはもちろん) ・静止空気層の確保 というポイントを抑えた設計と施工をしています。
2018/03/22
日経ホームビルダー4月号は住設トラブル特集。 しかし、注目したのは
2018/03/19
南向き0.5寸等の緩勾配の屋根や10寸の急勾配の屋根でも、最適な30°(6寸勾配)から効率があまり落ちないソーラーフロンティアに代表される「薄膜系」の太陽光発電のパネル。 ふと思ったのですが、北面の緩勾配の屋根につけるとどうなるんでしょう?...
2018/03/10
PHJ8周年記念大会の安田教授の基調講演は本当に勉強になりました。 そのとき購入した本もとてもわかりやすい上に、とても勉強になりました。 日本ではPV(太陽光発電)ばかりが進んでいて、風力発電は盛り上がりに欠ける上にあまり評判がよくありません。 しかし、世界的には風力発電が太陽光発電の4倍(!)発電しているのが事実だそうです!

さらに表示する