YKK-APより外付ブラインドが新発売 夏季の日射遮蔽は大事

日本でも省エネ性に優れる製品が続々と発売されてきました。

樹脂窓APWシリーズでおなじみのYKK-APより外付けブラインドが発売されます。

 

営業さんによると、今まであったもののリニューアルとのことです。

そういえば、目隠しルーバーみたいな感じのものがあった気がします。

 

その名も「X-BLIND」

 

 

夏季の日射遮蔽はとても大事です。

横殴りの朝日と西日はもちろん、軒が出ていても南中時以外は南面からも斜めに日射は入ってきます。

それを外部でさえぎるのがポイントです。

 

特にパッシブハウスクラスになると、小さなエネルギーで冷房しているため少しでも日射が入るととても気になります。

 

アウターシェードやサングッドに代表される外付ロールスクリーンはコストパフォーマンスに優れる反面、サッシの開き勝手を選ぶ等取付けに困ることがあったのも事実。

 

その面、電動ブラインドは窓を選びません。

 

 

 

外付けブラインドといえば「ヴァレーマ」。

見た目はシンプルでよいですね。(価格がデメリットですが)

 

YKK-APの商品への一番の期待は価格でしょう。

一間のはき出し(16520)で41万8千円が定価だそうです。

実売、いくらになるのでしょうか?

 

y.uo