気密測定終了 C値=0.2c㎡/㎡:多賀町のtocoharu40現場

またまた、最後の更新から10日が早くも経ちました。

スイマセン。

 

その間にも着々と現場は進み、少し前に気密測定の日を迎えました。

 

 

気密測定は工務店学校四国でおなじみMさん。

断熱気密のスペシャリストです。

で、結果ですが

 

 

加圧が相当隙間面積=C値=0.2c㎡/㎡!

 

 

減圧時もが相当隙間面積=C値=0.2c㎡/㎡!

 

大体、家全体で「5.5㎝角」の隙間しかないことになります。

丁寧な施工のおかげで、壁や屋根の隙間はほとんどなく、ほぼサッシの隙間だけだと思います。

 

パッシブハウスレベルの気密性能をほぼ一発でだしてくれた、大工さんや現場監督や関係者に感謝です!

 

y.uo