広島の工務店さんが現場見学に来られていました

少し前の話なのですが、弊社の現場に広島県の工務店と建材屋さんが見学に来られていました。

見学されたかったポイントは裸のグラスウール(通常は袋入り)で断熱して、シートにて防湿しているところ+付加断熱でした。

 

フィクサー(?)はマグイゾベール社のECO男爵ことNさん。

遠くまでとても熱心な工務店さんですね。

現在でもトリプルガラスのサッシや熱交換換気を標準で使われている、とても意識が高い方たちです。

 

 

マグのNさんにも、断熱材の施工状況とシート貼が丁寧でキレイと褒めていただきました。

やはり、視察も丁寧な現場を見たほうが、実際されるときもそういう意識になるのでとてもよかったとのこと。

 

今回使用している断熱材は高性能グラスウール16K(マグイエロー)。

気密シートはザバーン。

気密テープはマグヴァリオテープを使用していました。

 

 

その後、事務所にて弊社の取り組みの説明と意見交換。

みなさんの、熱心さに頭が下がります。

 

Nさんは非定常の結露判定WUFIの紹介。

 

 

私どもも、最初は先行されている先輩方にいろんなことを教えていただいて今があります。

少しでも超高性能住宅の普及の力になれれば、うれしく思います。

 

お金がかかるフランチャイズではなく、意識が高い人たちでつながるパッシブハウスの縁、本当にいいです。

私もとても刺激を受けた一日でした。

ありがとうございました。

 

y.uo