2016年度太陽光発電買い取り価格24円へ「引き下げ」へ

少し前の報道なのですが、自分への備忘録としてもアップしておきます。

太陽光発電をはじめ再生可能エネルギーの固定買取制度。

 

もともとは倍額買取で48円で買取されていました。

イニシャルコストが下がるのに伴い、買取価格が毎年下がってきています。

 

普及が目的なので当たり前ですが。

 

2016年度の買取価格の予定は下記のようです。

3月には正式決定とのことです。

 

 

私たちの考え的には

①建物の燃費をよくする(外皮の性能を上げる)

②高効率機器の導入(給湯・冷暖房・家電・照明等)

 エコキュートやハイブリッド給湯器、LEDや高効率エアコンのことです。

 まちがっても蓄熱暖房機は使わないように!

③創エネ機器の導入(太陽光発電等)

 

という順番ですすめていくのが大事と考えますが、現実は逆になっていることが多いように思います。

その一番の理由は買取制度かもしれません。

 

ダダ漏れの建物に太陽光を大量に載せて大量にエネルギーを供給する。

なんだかおかしいと思います。

 

再生可能エネルギーの普及は大事ですが、どういう影響がでるのでしょうか?

(フランスでは新築では太陽光発電か屋上緑化が必須になるとか)

 

y.uo