日本一コスパに優れる家~常小春40 真夏の電気代は・・・

はや10月も1週間が過ぎました。

先日、お引渡して約半年、高松市新田のお家に久しぶりに訪問しました。

初めての夏はどうだったのでしょう?



外構工事もすすんでとてもいい感じですね!


このお家の性能は↓


Ua=0.37

Q=1.1

暖房負荷=26キロ

と、理想的な数字になっています。


シミュレーション上の燃費は↓


8月に全室24時間27℃に保って1万円ちょっとという感じでしょうか。

お施主さまに実際の伝票を見せてもらいました。

(オール電化ですので、水道代以外の全ての費用です)



6,249円でした。


建物燃費ナビは、辛めに計算されるので安心なのですが、ここでも証明されました。

クルマのJC08等の燃費表示と逆ですね(笑)


太陽光発電が5.78kwの売電量が↓


ナカナカ嬉しい収支になっていますね。

まずは建物の外皮性能を上げてから、太陽光等で創エネする。

理想的です。


寒くなってくると建物がパッシブデザインされいるかどうかで、暖房費がずいぶん変わってきます。

無料の太陽エネルギーをうまく家の中に入れて暖房するわけです。


 

上記のとおり、日射取得と熱損失を比べてみると、手前勝手ですがとてもいい設計ができているのがよくわかります。

熱損失の1.5倍以上取得できています。

 

これは窓の設計だけではなく、使用するサッシのUw値(熱貫流率)やガラスの種類=日射熱取得率(η値)も大きく関係してきます。

断熱LOW-Eとうたっているガラスでも、いがいと取得しないものもありますので、注意が必要です。

 

とても快適にお住まいのようで、とても嬉しく帰途につきました。

Oさん、これからもよろしくお願いします。

 

y.uo


PS 「日本一のコスパ」といのは弊社ではなく暖房負荷40kwh/㎡を切る住宅のことです。あしからず。