地震保険料値上げ・・・・地区によっては50%も、香川は?

ブログ、またまたサボっていました。スイマセン・・・・

矢先、今朝の新聞にギョッとする記事が載っていました。

「地震保険料50%上げへ」


以前から話は出ていましたが、料率の各県の具体的な数値(案)ができてきたとのこと。

香川県は30~50%の地区に入っています。


埼玉、茨城、徳島、高知の4県は50%。



あくまでも、保険は保険です。

しかも、地震保険は100%の金額は出ません。(50%)


やはり、地震に強い建物・という根本的な対策が必要ですね。


「耐震」 「免震」 「制震」


いろんな手法がありますが、どれでもよいので耐震等級3程度の強度は新築では欲しいものです。

また構造体を劣化させない対策も必要です。

料率が上がるということは、政府は香川は危険度を増している、ということです。


木造3階建てで求められる「許容応力度計算」を平屋や2階建ててでもしておく、というのも更なる安心感につながります。


y.uo