一体、何色の柱がいいのか? 緑や赤の柱のはなし

高耐久なお家で大事な、構造体の防腐・防蟻処理。

今までの農薬系ネオニコチノイド系の土壌及び土台柱1mの処理。

それよりは、絶対にいい「ホウ酸処理」と加圧注入材(緑の柱)。

 

業界のご意見番、アマノさんのご意見をきいてみましょう。

とても興味深いですよ~

 

y.uo

北米の土台の約9割はホウ酸処理材です。
ツーバイが主流もあって工場処理ですね。

緑の柱等と日本で呼ばれる酸化銅系処理。

北米ではシェアが1割あるかないかです。

 

今どき使う人もあんまり居ない上に、同じ酸化銅系でもACQでなく既にMCQという次世代のものに処理方法が進化しています。

 

すなわち、CCA(大古)→ACQ(古)→MCQ(今ココ)酸化銅系の一番のネックである金属腐食を

より少なくする涙ぐましい努力ですね。。

 

時系列からハッキリ申し上げれば、ACQは流行らない酸化銅の中でも一世代前の代物。

 

世界中の売れ残りを日本で必死に在庫処分。

ネオニコチノイド系と全く同じ構図ですね。

 

因みに北米ではホウ酸処理材も緑や青です。

着色してるんですね。判りやすくする為に。

 

これだけで緑の〜なんてネーミングが如何に世界的にも無意味か判りそうなものですが。。

 

まあ、日本のオレンジ色とかは論外としても緑だとか要らないですね。強いて言うのなら、

まだ赤かな。赤い柱、検索してみてください。

 

しろあり対策業界重鎮で、緑色の柱を売ってるホウ酸嫌いの会社がしれっと在庫してます。笑

 

世界中では常識ですからそりゃそうでしょう。

日本人完全に情弱扱いですね。嫌いな構図です。

 

で、標題のテーマですが、基本無色でOKです。

なるべく耐蟻&耐腐性能の高い樹種がベター。

ヒノキやヒバ類など。それにホウ酸処理です。

 

ただツーバイの会社さんの場合など、例外的に檜よりも赤い柱が入れ易い事も有るようです。

木口だけでなくどうせ現場処理も要りますし、それも良い選択に思います。

樹種・芯材自慢の無処理より明らかに良いです。

 

(参考)

 

http://www.smarthouse2.com/?p=5308

緑の柱とか言ってる○条も薬剤漬けの家ですが耐蟻や耐腐を一応考えていることは理解可能。

 

でも家中処理がイエシロ&乾材には基本ですね。